HOME へ もどる
絵本リスト へ もどる
まえの 作品を みる
つぎの 作品を みる

( 表紙の画像は このページの一番下にあります )


空をとんだカタツムリ

ネストル・カンディ 作
さいとう ゆうこ 訳



みどりの木や草が うっそうと生いしげる ジャングルの中は、
昼でも光が さしこまない。
その うすぐらいジャングルの、しめったコケの上を、
するり するりと カタツムリが はっていた。
ほそく光る 銀色の すじみちを のこしながら――

カタツムリの なまえは オスヴァルド。
生まれたときから ずっと、この うすぐらいところに住んでいる。

オスヴァルドは、いちどでいいから太陽に会ってみたいと思っていた。
ジャングルのいちばん高い木のてっぺんまで のぼれば、
太陽に会えるだろう。
だが それは、かよわい小さなカタツムリにとっては、たいへんなことだ。
ほんの少しずつしか進めないし、
とちゅうで どんなことが起こるか わからない。
そんな むちゃなことを やろうとしたカタツムリは、今まで いなかった。

オスヴァルドは、むこうみずな方では ない。
ものごとをよく考えるたちだった。
でも、だからといって、冒険をおそれはしなかった。

太陽に会いに行きたいと言うと、
ともだちのコケや きのこたちは、みんな反対した。
「やめた方が いいよ。そんなの、ぜったいムリだよ。
旅の とちゅうで、しんでしまうよ」

だがオスヴァルドは言った。
「いや、ぼくは行くんだ。
この世に 冒険というものがなかったら、生きてる意味が ないもの」





ぼくのカラに お日さまの光が あたったら、どんなに きれいだろう。
話にきいた 青い空や 白い雲というものも、この目で 見てみたい……

この旅が どんなものになるか、オスヴァルドは じゅうぶん考えた。
カタツムリの体には、しめりけが必要だ。
高い木の上で 日光や風に さらされるのは、とてもあぶない。
それに、鳥や けものにも食べられないよう、気をつけなければ。

オスヴァルドは、体が かわかないようにするために、
まいにち 木の実を食べ、草のつゆをあつめて飲んだ。
さあ、じゅんびは できたぞ。出発だ!





するり、するり。
ふとい木の根をやっと はいあがり、
オスヴァルドは 大きな木の幹に たどりついた。
そして、風の来ない くぼみや われめを えらびながら、
ゆっくりと のぼっていった。

この旅には、わくわくする できごとが 待っていた。
エジプトから やって来た コガネムシは、
とおいむかしのエジプトの話をしてくれた。
昼さがりのセミの歌声は、のどかで 気持ちいい 音楽だった。
クモやドクヘビから のがれる方法を おしえてくれた者も いた。
触角をふれあわせて会話する 虫たちの言葉も おぼえた。

夜になると 月あかりに てらされた 葉っぱの上で ねむり、
雨が ふるたびに、すべり落ちないよう かくれ家をさがした。

夜が ふけるまで
カエルとコオロギの語りあいに 耳をすませていることも
たびたび あった。





―― 以下略 ――
(絵本のデザインは、このページと同じではありません)




【表紙の画像】 ☆☆☆☆☆☆☆ 絵: オスヴァルド・ハリル ☆☆☆☆☆☆☆☆