写真集 (1983年 - 1988年)


1983年初夏 (ゆうこ 34歳)
ボーイフレンドとかけあいで、即興のパステル画を毎週1枚描いた。(後ろの壁に貼ってある絵)
その後二人は結婚し、一緒に外国放浪をくりかえす。




1986年6月(ゆうこ 37歳)
夫もわたしも、1ヶ月の東海自然歩道 徒歩旅行と1ヶ月の集中内観を終えたばかりなので、
神妙な顔をしている。
旅に出る前に二人とも野宿に備えて坊主頭にしたのだが、2ヶ月でこれだけ髪が伸びた。




1986年8月 インドの首都デリーの安宿 Bright Hotel の屋上にて 妹、夫、友人。(ゆうこ 写す)
雨季なので、時々バケツをひっくり返したような雨が降り、街路が川になるが、
降り止めば、強烈な陽射しで地面はすぐまたカラカラに乾く。
あまりの暑さに食欲は失せ、マンゴ・ジュース(マンゴの実と氷をミキサーでかきまわしたもの)のほかは
何も喉を越さなかった。


 
1986年8月。インド北部スリナガルの湖のまわりを貸し自転車でサイクリング。
陽射しは強いが、空気は爽やかで涼しい。北海道あたりのような感じだろうか。
白樺林で自転車をとめると、村の少女たちが物珍しそうに寄って来た。



 
【写真左】スリナガルの小川に浮かぶハウスボートの屋上は、展望デッキ兼物干し台。
     夜にはここで、降るような星空を眺めた。

【写真右】ハウスボートの内部には簡素なベッド、テーブル、椅子があり、
     窓の外ではアヒルや水鳥たちがにぎやかにえさを漁っている。




ハウスボートの持ち主の奥さんが記念撮影用に民族衣装を貸してくださった。



 
【写真左】1986年9月 インド北部のチベット文化圏、レーの民宿。ここでも宿主の奥さんが民族衣装を貸して
     くださった。わたしの耳にも妹の耳にもピアスの穴があいてないのがよほど奇異に思えたらしく、
     奥さんは大笑い。結局イヤリングは耳の上に引っかけた。

【写真右】民宿のご主人一家。子供たちも小川からの水汲みや、バスの発着所での客引きをして家業を支えている。
     この家はバスの発着所から1Kmぐらい離れているため、客引きに行かないと宿泊者が来ないのだ。
     レーの標高は 3500m だそうで、夫はレーにいる間じゅう高山病気味だった。いつもは人一倍精力的な
     人なのに。



 
【写真左】1987年1月 インドの西海岸、ゴア。週一回のフリー・マーケットでの出店を終えて、
     家路をたどるフルーツ売りのシュレーカさんと娘のサプナちゃん。
     この海の水深1mぐらいの岩場には、サザエやナマコがごろごろいた。土地の人にはそういうものを
     食べる習慣がないらしい。サザエと巻貝は、塩ゆでにしたり、野菜といっしょにスープにしたりして
     食べてみた。おいしかった。ナマコは長さが30センチぐらいもあり、不気味なので食べなかったが、
     わたしはナマコが大好物なので、ああ、これが全部食べられたらなあと、見るたびに思った。

【写真右】夫とわたしが滞在していた浜辺の家に、一人で貝殻を売りに来たインド人の幼女ショーバ。
     年齢はたぶん6歳ぐらい。まだ20までの数さえろくに数えられず、英語もほんの片言なのに、
     そこらで拾い集めた貝殻を外国人旅行者に売り歩くことを思いつき、一歩も引かぬ値段交渉を
     くりひろげた。その胆力と自立心に、わたしはすっかり参ってしまった。




1988年1月 ゴア(ゆうこ 38歳)長期滞在地アンジュナ・ビーチのバス停で
手製の貝殻笛を吹きながらバスを待つ 夫、わたし、友人。
友人は、お金に余裕があるのでアランボール・ビーチまでバスで行き、民家に数日間宿泊。
貧乏人の夫とわたしは、寝袋1つ抱えてアランボールまで徒歩で行き、海辺の崖で野宿した。
そういうことが、かえって楽しかった。



▼ 1986年当時のポカラ (ネパール)